使い方はあなたしだい
Happy Learning!

議会と政府との関係

議会と政府との関係については、国民が議会と政府とを直接に選出し、政府と議会とが厳格に分立している首長制(大統領制)と、国民が議会を選挙で選出し、その議会によって政府を選出させ、議会と政府とを一応分離したうえで、政府に対して議会による民主的統制を及ぼす議院内閣制とがある。 議院内閣制の本質を挙げるとき、(1)議会と政府とが一応分離していること、(2)政府が議会に対して連帯責任を負うこと、(3)政府が議会の解散権をもつこと、という3つが考えられるが、そのうち(1)と(2)を本質であるという見解と、それに加えて特に(3)も本質であるという見解とが対立している。
( この教材は「内閣と行政権」の子教材です )

  • 教員: 柳瀬 昇


この教材は2009年03月19日(木)に登録されました。

IPアドレス: 54.226.113.250
Copyright © 2017 Shinshu University Learning Modules