使い方はあなたしだい
Happy Learning!

内閣の権能・内閣総理大臣の権限

内閣の職権は、閣議により行われる(内閣法4条)。閣議は原則として非公開である。 内閣の権能には、法律の誠実な執行と国務の総理(73条1号)、外交関係の処理(73条2号)、条約の締結(73条3号)、官吏に関する事務の掌理(73条4号)、予算の作成と国会への提出(73条5号)、政令の制定(73条6号)、恩赦の決定(73条7号)、天皇の国事行為に対する助言と承認(3 条、7条)、衆議院の解散(後述)、最高裁判所長官の指名(6条2項)、最高裁判所のその他の裁判官及び下級裁判所の裁判官の任命(79条1項、80条1 項)などがある。一方、内閣総理大臣の権能には、国務大臣の任免権(68条)や国務大臣訴追の同意権(75条)などがある。また、内閣総理大臣は、内閣を代表し(72条)、法律・政令へ連署する(74条)。
( この教材は「内閣と行政権」の子教材です )

  • 教員: 柳瀬 昇


この教材は2009年03月19日(木)に登録されました。

IPアドレス: 54.226.113.250
Copyright © 2017 Shinshu University Learning Modules