使い方はあなたしだい
Happy Learning!

国家への自由

今回は、国民が政治に参加する権利である能動的権利(参政権)について、考えます。 今回扱う参政権は、第7回から第10回までで扱った自由権や前回に扱った社会権とは、人権の性質が大きく異なります。国家と個人との関係性がそもそも異なります。具体的には、どのように異なるのか、しっかりと理解しましょう。
( この教材は「日本国憲法」の子教材です )

  • 教員: 柳瀬 昇


この教材は2009年03月19日(木)に登録されました。

IPアドレス: 54.167.62.170
Copyright © 2018 Shinshu University Learning Modules