使い方はあなたしだい
Happy Learning!

立憲主義の意義と変遷

立憲主義(constitutionalism)とは、国家の権力行使は憲法に基づいて行われなければならないとする政治原理である。 市民革命以後の近代立憲主義においては、国家による干渉はできるだけ少ないほうがよいと考えられた。国家の役割としては、警察や防衛等の必要最小限度のみが求められ、人権は、自由権を中心に考えられていた。 資本主義の高度化に伴い、さまざまな弊害が顕在化したが、それを解消するために、国家が積極的に国民生活に関与することが求められるようになった。
( この教材は「立憲主義の基本原理」の子教材です )

  • 教員: 柳瀬 昇


この教材は2009年03月19日(木)に登録されました。

IPアドレス: 54.226.113.250
Copyright © 2017 Shinshu University Learning Modules